①ルテイン--眼科医が考える目に良い栄養素

2019年01月12日

眼科医が進める栄養素。ルテインについてです。

ルテイン:

抗酸化作用の代表、カルテノイドの一種。ブロッコリーやほうれん草に含まれます。目の黄斑や水晶体に存在しており、有害な光から目を守ってくれます。しかしルテインが不足しても体内では合成できないので、食事やサプリからとるしかありません。加齢と共に減少し、減りすぎると加齢黄斑変性症や白内障を発症する可能性が高くなります。調査データでもルテインは黄斑変性と白内障に良いと言われているので、積極的に摂るべきでしょう。また、疲れ目、ドライアイの人も積極的に取ってもらいたい栄養素です。